KIRIKO LOUNGE 新春狂言・長唄会traditional performing art / 狂言|三宅右矩・三宅近成(狂言)・綾音(長唄)with 花柳 凜(日本舞踊)

東急プラザ銀座がはじめて迎えるお正月を記念して、
新春にふさわしく日本の伝統芸能である『狂言』でお楽しみいただきます。
人間国宝を祖父に持つ狂言界のサラブレッド兄弟、
三宅右矩(みやけすけのり)・三宅近成(みやけちかなり)が出演。
今回披露する演目は、狂言初心者でも楽しんでいただけ、
笑いを誘う「棒縛(ぼうしばり)」で、新春の初笑いをお届けします。

さらに、東京芸術大学出身の若手演奏家ユニット「綾音」による『長唄』の演奏の他、
注目の若手舞踏家、花柳凜(はなやぎりん)による『日舞』で、
日本のお正月らしさを演出いたします。
華やぎあふれる銀座の地で、若手表現者たちによる
革新的な日本の伝統芸能をお楽しみください。

日時:2017年1月3日(火)|1回目開演13:00~/2回目開演15:30~
  • 主催:TOKYU PLAZA GINZA
  • 企画制作:Bunkamura
  • 三宅右矩 (みやけ・すけのり)
    能楽師和泉流狂言方。1983年(昭和58)生まれ。和泉流・三宅右近の長男。祖父は人間国宝・故九世三宅藤九郎。3歳に「靭猿」で初舞台。2002年(平 成14)「三番叟」を披き、その後「釣狐」「金岡」「花子」など、大曲・秘曲を次々と披く。2008年(平成20)には「右矩の会」を上演。弟の近成と共 に行う狂言会「兄弟会」は、7年間にわたり14回を数える。能楽協会会員。
  • 三宅近成 (みやけ・ちかなり)
    能楽師和泉流狂言方。1985年(昭和60)生まれ。和泉流・三宅右近の次男。祖父は人間国宝・故九世三宅藤九郎。3歳に「柑子俵」で初舞台。2004年 (平成16)「三番叟」、2007年(平成19)「釣狐」、2012年(平成24)「金岡」を披く。兄の右矩と共に、狂言会「兄弟会」を行う。「成竹会」 を主宰。能楽協会会員。
  • 綾音 (あやね)
    東京藝術大学音楽学部邦楽科のOGにより結成された若手女性邦楽ユニット。日本の伝統芸能であり、また歌舞伎のバックミュージックである“長唄”の普及・継承と共に新しいアプローチに努め、古来の所作や美徳、精神性を崩さず、“魅せる長唄”の実現を探求している。多くのアトラクションを請け負いながら、2020年の東京オリンピックに向け、国内のみならず海外へも発信していけるよう日々精進しているところである。
  • 花柳 凜 (はなやぎ・りん)
    1990年生まれ。
    曾祖母・花柳寿花の代より続く日本舞踊家の家系に生まれ、祖父・花柳稔に師事。
    2歳で初舞台。
    21歳で師範免許取得。
    日本舞踊の伝承と普及に努め、舞踊公演の他、
    ミュージシャンとのコラボ、メディア出演等活動は多岐に渡る。