IMG_9620.jpg

世の中にあるたくさんのコインケース。

その中でも古くから日本人に愛される「馬蹄型(ばていがた)コインケース」を皆さんはご存知でしょうか。

この馬蹄型コインケースは、独特の見た目と機能性で人気を集めてきたコインケースです。

今回は、近年“高級コインケース”とも呼ばれるようになった、馬蹄型コインケースの魅力をご紹介しましょう。



欧州生まれの高級コインケース

philippe-oursel-ykioooPo2qk-unsplash-1.jpg

馬蹄型コインケースは名の通り、見た目が馬蹄の形に似ていることから名付けられました。

発祥の地である欧州では、古来より馬蹄(蹄鉄)の形をした小物は幸運のタリスマン(お守り)とされてきました。

このコインケースもまた、縁起のよい持ち物として昔から現地の人々に親しまれてきたアイテムでもあるのです。

日本には明治時代に伝わったとされ、主に男性から人気があり、父の日のギフトにも人気を集めてきました。

この馬蹄型コインケースを見て、「そういえば父親が使っていたところを見たことがあるかもしれない!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。


|高級品と呼ばれるには理由がある

IMG_9611.jpg

近年、馬蹄型コインケースは高級品と呼ばれるようになりました。

その理由のひとつには独自の縫製方法があります。

馬蹄型コインケースは複雑なフォルムが故、縫製はすべて手縫い。

ミシンは一切使用しません。

手縫いは「駒縫い」と呼ばれる技法で行われ、駒縫いは直角に張り合わせた2枚の革を斜めに縫っていくという、とても難度の高い技法として知られています。

%E7%B3%B8-3-e1644129388869-860x769.jpgIMG_9630-e1644128834257.jpg

駒縫いによる縫製は限られた革職人しか行うことができず、製品の生産においてはとても効率が悪く、量産ができないために結果として商品ひとつあたりの価格が高くなるのです。

ただ、実際に商品を手に取ってみると、手縫いならではの温かみや縫い付けは圧巻で、長年使用することを前提にした商品だということがよくわかります。

|現在はさらに希少価値が増している

かなりの時間と労力をかけて作り上げられる馬蹄型コインケースですが、現在はより安い生産コストを求めて人件費の安い東南アジアで生産を行う会社が増えてきました。

ただ製品の質は日本製にかなり劣るといわれており、耐久性のある質の高いものをお探しの方は日本製のものを選ぶとよいでしょう。

高い技術力を持った日本の革職人が作る馬蹄型コインケースは美しく、見ていて惚れ惚れしてしまいます。

今後も国内での生産量が増えることは考えにくく、いつか革の“嗜好品”“贅沢品”と呼ばれる日がやってくるのかもしれませんね。



馬蹄型コインケースの使い方

IMG_9636-full.png

馬蹄型コインケース使い方は、至ってシンプルです。

このコインケースにはホックなどの留め金具は一切なく、革のつまみを引くことで開けることができ、閉じる際は革のフラップを被せるだけ◎

小銭は正面に見えるポケットの裏側のスペースに流し入れることができ、取り出しの際にはコインケース自体を斜めに傾けて小銭をフラップ部分に滑らせるようにして移動させます。

IMG_9635-full.png

フラップ部分は小銭の受け皿へと変化し、小銭を落とすことなく、とても見やすい状態で小銭を取り出すことができるのです。

また、内部のポケットには、大きな500円玉や電車の切符、小さく折りたたんだお札などを入れておくと便利でしょう。



sotの馬蹄型コインケースの特徴

ここからは、sot(ソット)の馬蹄型コインケース「プエブロレザー馬蹄型コインケース」をご紹介します。

このコインケースは、これまで何年もsotの馬蹄型コインケースを手掛けてくださっている、1人の職人さんにお願いしてます。


|美しいステッチと1mmのズレもない革と革の結合部

IMG_9640.jpg

製品のステッチにズレはなく、手縫いを施した製品にしか感じられない独特の佇まいを感じることができます。

製品全体の見栄えを大きく左右する「革と革の貼り合わせ部分」もとてもきれいで、段差がなく手触りもとても滑らか。

数ミリの狂いもなくしっかりと縫製されています。

|微調整を繰り返して生まれる曲線美

IMG_9625.jpg

実はこのコインケースには直角、直線がありません。

質の高さを証明する部分でもあるフラップの口元は、開閉がよりスムーズになるようにやや内側に革を成形し、全体的なサイズやフォルムも手で持った時の収まりの良さや高いホールド性を考えて作られています。


|エイジングが楽しめる革「プエブロレザー」を採用

IMG_9641-1.jpg

馬蹄型コインケースにはしっかりとした芯のある革、シンプルな表情をした革がよく使われています。

理由として耐久性の確保と、手縫いがしやすいというメリットがあるためです。

また、シンプルな表情の革がよく使用されるのは、これまでこの馬蹄型コインケースがカジュアルなシーンではなく、どちらからというとビジネスシーンでよく使われるアイテムだったことが影響しているのでしょう。

sotでは、どんな使用シーンにもマッチする「プエブロレザー」を採用し、裏地を無くすことで、年齢性別関係なく沢山の方がこの馬蹄型コインケースを使っていただけるようにデザインしました。

プエブロレザーならではの手触りの変化、色味の変化を楽しめる見事なエイジングについては、ぜひ下記のコラムにてチェックしてみてください。

リンク:プエブロレザー馬蹄型コインケース



マネークリップとのセット購入がおすすめ

IMG_9639.jpg

これまでご紹介した馬蹄型コインケースですが、「お札やカードも一緒に持ち運びたい!」という方におすすめなのがマネークリップです。

マネークリップは馬蹄型コインケースと同じく、いわば男性の憧れの持ち物のひとつであり、お札とカードだけを入れるというシンプルな機能性とスリムな見た目で人気のデザインです。

マネークリップを使った支払い時の所作の美しさには定評があり、今では若い男性や女性にも人気の財布となりつつあります。

sotでは馬蹄型コインケースと同じプエブロレザーを使用したマネークリップを取り扱っています。

気になる方はぜひ下記のコラムもご覧ください。

リンク:マネークリップ一覧ページ



まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は1世紀以上にわたり日本人に愛され続ける馬蹄型コインケースの魅力をご紹介しました。

職人の丁寧な手縫いによって生まれる美しいデザインと機能性は、大量生産された商品では感じることのできない魅力といえます。

これまでどこか少しだけ“お堅いイメージ”のあった馬蹄型のコインケースですが、プエブロレザーのような表情豊かな革は、普段使いにもしっかりと馴染んでくれるでしょう。

ぜひあなたも日本の革職人の技術と手縫いの温かみを感じてみてください。

sot-web.com